読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アトリエ 竹日和

竹製品の紹介と日記

アトリエ 竹日和 日々の記し

3年目!

 今年で3年目を迎えました。去年は仕事が飛躍的に増え、商品もよく売れ、ようやく仕事として成り立ってきたように感じます。

 

 3年目というとまだまだ若輩者にはなりますが(若輩者といっても商品や教室などのサービスの質には大いに自信を持っております!)、1年目の方とも知り合いになって色々と聞かれるとこも増えました。そこで自分の考えの反芻もかねて、独立し仕事としてやっていくなかで私が思う、大事な点を箇条書きにしたいと思います。

 

「好きだからやってます」は続かない!

 業種問わずです。この「好きだから」というのはその仕事で十分に食えていけてない場合の事です。モチベーションというのは体力と同じで無尽蔵ではありません。無理をしていると日に日に目減りしていきます。食えてこその「仕事」です。

「食えてないけど好きだから今はいいか」

という考えは捨て、

「このままでは食えない!何が何でもどうにかしないと!!!(1年目の私^^;)」

という思考にした方がいいかな、と思います(私見ですが)。

 

特定の思想を仕事に持ち込まない・ネガキャンしない

 特に手仕事という仕事をしていると、工業的社会や資本主義社会が嫌いだったり、環境に興味があったり、田舎に興味があったり、そういう方は多いです。考えや主張を持つことはとても立派で尊敬すべき点ではありますが、仕事に持ち込むことはやめましょう。私たちは職人であって評論家ではないのです。

 特にネガキャンは良くないです!こういう世界にいると悪気が無くても自然と口に出してしまってりしますが(輸入品や工業製品など)、価値観は人によって違いますし、何より陰口に聞こえ格好がよくありません。自分の商品のポジキャンをしましょう!!(私も不意に口に出してしまってたことがあります…)

 

:(出店の際)売れないからといってあまり落ち込まないように

 私も経験があるのですが、出店して思うように売れないときは気分が沈んでしまいますよね。特に隣が飛ぶように売れてると(笑)。でもここでふてくされるとさらに売れなくなります。クラフトフェアのような直に職人さんと対面して販売できるようなところというのは、物だけじゃなくその職人さんの人柄も購買に関係してきます(物は人から買うのです)。

 では、どうするのか。出店時の売り上げに過度の期待や主収入の当てにしないことです。出店以外の収入源を確立しておいたり、うまくいかなかったときの方策をいくつも考えておくこと。そうすれば多少の売り上げの変動は気にならなくなります!

 

…こんなところですかね。たかが3年目のくせして偉そうに書きましたが、“2”と“3”は実体験です。うまくやっていきましょう。道は必ずあります。でも見つからないかもしれません。けれど探していたら明日見つかるかもしれません。…何とも言えません(笑)

 自営業の楽しいところは「全方向どこに進むのかも全て自分で決められる」ということと「その全方向の先の遠くは見えない」ということです。

 一応今はうまくいってる私も数年後どうなっているかはわかりません!もしかしたら忙し過ぎてガリガリに痩せているかもしれませんし、仕事なさすぎで飢えてガリガリに痩せているかもしれません。

 

f:id:atorie-takebiyori:20150506015307j:plain

ではこのあたりで!